くすみ・汚れ除去の白肌 美人洗顔「ブラックソープ」

ブラックソープって?

イルチ化粧品の洗顔用ブラックソープとは、オバ肌改善、-5歳肌を実感できる洗顔ソープ。

あなたが、日に焼けた?
そう思っているのは…勘違い?

実は、年々溜まったお肌の汚れが原因。

その汚れ茶ぐすみや黒ずみのせいで、老けて見える…

最近お肌が…
そう悩んでいるあなた…

こんな悩みはありませんか?

  • 化粧のノリが悪い
  • 顔が茶色っぽい
  • 乾燥する
  • ハリがない
  • 小じわ
  • シミ

実はこれ、あなたの洗顔の選び方が間違っているから起こること…

あなたは、洗顔料を選ぶときのことを思い出してください…

  1. お肌に優しい弱酸性のものを選ぶ
  2. 泡立ちがいいものを選ぶ
  3. 美容(保湿)成分たっぷり配合のものを選ぶ

上記の3つのうち当てはまったものはありますか?

もし、一つでも当てはまったとしたら…
お悩みがあるのは当然です。

私は、薬剤師をやっていますが…。
上記は、どれもいいと言われているものばかりですが、すごく疑問に思うことがあります。

洗顔料を選ぶときの3つの間違い

1.お肌に優しい弱酸性のものを選ぶ

弱酸性の洗浄剤は「優しい」のがセールスポイント

それは、顔の表面にある汚れだけをサラッと洗い流しているだけです。

毛穴に詰まっている汚れやゴミは、洗われず、いつまで経っても残っています。

だから、あなたのお顔が、だんだんと黒ぽっく、くすんでくるのです。

これが、いわゆるお顔の「茶ぐすみ」や「黄ぐすみ」の正体なのです。

一方、弱アルカリ性の洗顔料は、汚れに直接付着するので、しっかりと洗い流します。

しかも、水で洗い流せば成分が肌に残らないので安全です。

弱酸性の洗顔料の洗浄力は、弱くて優しいので、20代の時はそれで良くても、40代以降からのスキンケアには頼りない存在です。

 

2.泡立ちがいいものを選ぶ

企業の巧みなCMの影響で、泡がたつほど、洗浄力が高まり、肌にも優しいと思われています。

実は、泡と洗浄力は、全く関係ありません

空気がたくさん入っていて、柔らかい手触りになるので、優しく感じるだけです。

また、泡立ちの強いものの中には、界面活性剤の発泡剤がふんだんに配合されている場合が少なくありません。

「泡立ち=洗浄力」これは、間違いです。

 

3.美容(保湿)成分たっぷり配合のものを選ぶ

洗顔は、若見え肌になるための基本です。

40歳からのスキンケアで、最も大切なのが洗顔です。

洗浄をする時は、しっかりと汚れを落とす事が重要であり、保湿成分は必要ないものです。

洗いながら、保湿成分を浸透させるという事は、はたして出来るのか、疑問です。

リンスインシャンプーと同じ考え方で、「手軽」だと考えるかもしれません。

しかし、汚れを出すOUTと、保湿成分を浸透させるINが同時には出来ないと考えるのが自然の考え方だと思います。

正しく洗顔されたお肌は、ご自分自身が持つ「保湿成分(NMF)」が正常に機能し、自力で潤うようになります。

いつもの化粧水や美容液が驚くほど浸透していくのを感じるでしょう。

 

弱アルカリ性があなたの願いを叶える

いくつになっても若々しく綺麗でありたい!!

それは、女性であれば誰しもが思うこと。

透明感のある肌をキープしたくても、くすみや黄ばみ、乾燥、日焼けによるシミなど…

年齢とともに次々と現れてくるオバ肌現象。

それでも、なんとかして10年後も、今と変わらないお肌で過ごしたいと思ういますよね。

そうは、思っても…

こんな毎日を送っていませんか?

  • 朝鏡を見るとカサカサ感がある
  • お昼、メイクがよれている
  • 夜、いい加減な洗顔をしてお寝てしまう。

 

40歳オーバーからも、若見え肌を取り戻してキープしたいあなた!!

大切なのは、一時的なごまかしではありません。

あなた本来の素肌にとって不必要なお顔のゴミをしっかり落とす正しい洗顔です、

40年生きてきた証とも言える、汚れをしっかりと落とすことによって、30代と変わらない綺麗なお肌

すっぴんに自信が持てるお肌に生まれ変わります。

 

想像してみてください。

あなたの今のお肌が、-10歳若返ったら…

想像しただけで、なんだかウキウキ、ワクワクしませんか?

もっとキレイが叶う簡単なこつ
それが弱アルカリ性の洗顔ソープです。

 

もちろん、今からでもご安心ください。

イルチ化粧品のブラックソープは、使い始めてすぐ実感!!

これが、驚きの8割以上。

本当に嬉しいですが…
エステサロンで、15年以上もの結果を出してきた証です。

ブラックソープ単品での購入ページへ